Blog西登戸歯医者のつぶやき〜唾液について その1〜

西登戸歯医者のつぶやき〜唾液について その1〜

唾液サラネバ健康法

 

唾液はまさに、新時代の万能薬

 

一口30回は噛みましょうというお話をよく耳にすることはあると思います。

これは、なぜでしょうか?

理由は、唾液に含まれているアミラーゼという消化酵素が、よく噛むことにより食べ物と良く混ざり胃の消化機能を助ける消化液のはたらきを期待しています。

 

そして、血液から唾液は作られ、唾液は血液に戻ります。

 

しかし、唾液の役割は消化液としての作用にとどまらず、脳卒中、がん、肥満 歯周病などの生活習慣病予防、そして、快眠・リラクゼーション・アンチエイジング・さらに、インフルエンザ、誤嚥性肺炎などの感染症予防などにも唾液が深く関与していることが分かってきました。

 

何故ならば、唾液には、身体の免疫力を高める物質IgA 腸内フローラのバランス調整役を担っているIgA ②健康維持にとって欠かせない抗酸化物質のラクトフェリン ③発がん性物質の活動を抑えるペルオキシダーゼ 脳の神経細胞をストレス化などのダメージから守り、再生を促すBDNF(脳神経細胞の栄養) ⑤快適な睡眠を誘発するメラトニン 肌細胞の再生・増殖・改善を促進し、コラーゲン、ヒアルロン酸などの生成・増産を促すことでシワの解消・予防・美肌効果などをもたらす成分 ⑥お口の中をいつも中性に保つ物質重炭酸塩なども含まれていることが分かってきました。 

 

参考文献 

唾液サラネバ健康法 主婦と生活社

神奈川歯科大学大学院

口腔科学講座教授

槻木 恵一先生著

小児歯科から顕微鏡治療、入れ歯、訪問歯科まで予防歯科で西登戸、西千葉のホームデンティストを目指す「こみね歯科医院」

トップへ戻る