Blog【スタッフ】健康長寿レポート③ ~よく噛むことの効果~

こんにちは。スタッフのゆきです。

前回は健康寿命と「さきいか・たくあん」が噛めることの関係をレポートさせていただきました。

今回は、「よく噛むことの全身への効果」についてご紹介したいと思います。

よく噛むことは、硬いもの、柔らかいもの、どんな食べ物も摂取することができ、栄養をたっぷり摂れるという大きなメリットがありますが、実はよく噛むことの効果はそれだけではありません。

 

  「ひ み こ の は が いー ぜ」

 

この語呂合わせが、よく噛むことの効果の頭文字です。

 

 

 肥満防止  

よく噛んでゆっくり食べると脳が満腹感を感じ食べ過ぎを防ぐ。

 味覚の発達 

よく噛むと食べ物本来のおいしさを感じるようになる。

 言葉の発達

噛むことであごの筋肉が発達し、はっきりした発音になる。

 脳の発達 

よく噛むと脳への血流が良くなり、脳の活性化になる。

 歯の病気の予防 

よく噛むと歯の表面が磨かれ、歯茎のマッサージにもなる。

 がん予防  

唾液は多くの働きを持ち、発がん物質の毒性を弱める。

いー 胃腸快調  

よく噛んで食べると胃への負担が少なくなる。

 全力投球  

よく噛むと歯やあごが鍛えられ、歯を食いしばり、全身に力がみなぎる。

 

よく噛むことには、こんなに沢山の効果があったんですね。

ぜひ、頭の片隅に記憶し、お食事の際は意識して、よく噛んでみてくださいね!

 

西千葉で予防を中心に小児から入れ歯まで「いつでも頼れる歯医者さん」を目指して

こみね歯科医院

                               

 

 

 

トップへ戻る