Blog【スタッフ】『平均寿命』と『健康寿命』

こんにちは^ - ^
歯科衛生士の新行内です!


こみね歯科には、大先生の頃からの患者さんもたくさんいらっしゃいます。皆さんとてもお元気です。お口のなかも、入れ歯が入っていたとしてもご自分の歯がたくさんあり、しっかり噛んでる方がほとんどです。当然足もしっかりなので、とにかくお若くびっくりします!

こみね歯科では6年程前より、お昼休みを利用して訪問診療を始めました。施設にうかがって、先生は入れ歯の作成や修理、調整をしたり。簡単な治療も行います。
私たち衛生士は、2、3人で出かけて行き、お口のケアを行っています。診療室とはまた違い患者さんから学ぶことも多く、私にはとても魅力的な時間です^ - ^
長時間のケアは患者さんへの負担も大きくなる為、手際良く口腔内清掃を行いお変わりないかをチェックしています。もちろん会話を楽しみに私たちを待ってくださっている方もいらっしゃるのでおしゃべりも重要です‼️
中には、お口の中をさわられること、歯ブラシや器具がお口に入ることを嫌がる方も、いらっしゃいます。
1年程前から担当させていただいている男性の方もそうでした。何度か伺っているうちに心を開いてくださり、今では
「○○さん、また伺いますねっ」
「ありがとう❗️」
と私を見送ってくださいます(o^^o)

皆さんは、「健康寿命」をご存知でしょうか?  心身ともに自立し、健康的に生活できる期間のことです。
私たちの寿命は伸び続け、今では人生「90年」に手が届こうとしています。しかし一方で、「健康寿命」が「平均寿命」より男性は9年、女性は12年も短いことがわかっています。これは支援や介護を必要とするなど、健康上の問題で日常生活に制限のある期間が平均9〜12年もあるということです。

施設で生活されている方にも「健康寿命」を延ばしてあげる事が必要だと考えます。
口腔内環境を整え、いつまでも美味しくお食事できるよう、お手伝いができればいいなぁと思います。


西千葉で予防を中心に小児から入れ歯まで「いつでも頼れる歯医者さん」を目指して
         こみね歯科医院

  • 【スタッフ】『平均寿命』と『健康寿命』

トップへ戻る