Caries歯が痛い・しみる~虫歯治療~

歯が痛い・しみる~虫歯治療~

「痛い」「しみる」などの症状で気づく虫歯は、実は初期に自覚症状が出ない病気です。つまり何か異変に気づいたときには、すでにかなり進行しているというケースも少なくありません。

しかし初期であれば、簡単に治療を終えることができるので、治療は早めが肝心です。歯に違和感を覚えたら、できるだけ早く西登戸の歯医者「こみね歯科医院」の一般歯科までご相談ください。

虫歯とは

虫歯とは

虫歯は、歯の根元や咬み合わせ部分の溝などに溜まったプラーク(歯垢)に虫歯菌が棲みつき、食べカスに含まれる糖分を栄養源にして酸を放出して、歯を徐々に溶かしていく病気です。初期段階では歯の表面のエナメル質が溶かされ、それを放置するとどんどん内部まで進行していきます。

虫歯は一度かかると、いくら適切な治療をしても歯を元通りにすることはできません。つまり歯を根本的に守るなら、「虫歯にならないための予防」が大切になるのです。

虫歯の原因について

口腔内は、食事をすると酸性に傾き、歯からカルシウムなどのミネラル分が少しずつ溶け出す「脱灰(だっかい)」が起きます。その後口腔内は唾液によって中和され、ミネラル分が歯に戻る「再石灰化」が起こり、通常これがくり返されることで口腔内の健康は維持されています。しかし次のような原因によってこのバランスが崩れることで、虫歯が発生するのです。

プラーク 糖分

プラーク

磨き残しが多いとプラークが増え、その中で虫歯菌が増殖します。その結果、虫歯のリスクが高まります。

糖分

虫歯菌は糖分が大好きです。糖分が口腔内に長く残っていると虫歯菌の栄養分となり、さらに口腔内が酸性に傾きやすくなって虫歯ができやすくなります。

時間 歯質

時間

お口の中が長時間酸性に傾いたままだと、歯の再石灰化が追いつかなくなって虫歯ができてしまいます。

歯質

歯質には「強い」「弱い」があり、弱い人は虫歯になりやすい傾向があります。

虫歯の進行と治療法

CO ごく初期の虫歯
CO ごく初期の虫歯 症状 治療法
歯の表面のエナメル質がごくわずかに溶け始め、白濁します。まだ痛みなどの自覚症状はない段階です。 適切なブラッシングやフッ素塗布を行うことで、治癒が期待できます。
C1 エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯 症状 治療法
エナメル質がさらに溶け、黒ずみます。冷たいものがしみることがあります。 虫歯菌に冒された歯質を削り、レジン(歯科用プラスチック)で補います。
C2 象牙質の虫歯
C2 象牙質の虫歯 症状 治療法
エナメル質の内側の象牙質まで進行した虫歯です。冷たいものに加え、甘いものもしみるようになります。 虫歯菌に冒された歯質を削り、詰めもので補います。
C3 神経に達した虫歯
C3 神経に達した虫歯 症状 治療法
歯の奥の神経まで達した虫歯です。何もしなくても、常にズキズキと激しい痛みがあります。 虫歯菌に冒されて死んでしまった神経・血管を除去し、それらが入っていた根管(こんかん)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、被せもので補います。
C4 歯根に達した虫歯
C4 歯根に達した虫歯 症状 治療法
虫歯が歯根まで達し、歯冠部分はほとんど溶けてなくなっています。神経が死んで一旦痛みはなくなりますが、歯根の先に膿が溜まると、再び激痛が現れます。 ここまで来ると、ほとんどの場合抜歯するしかありません。抜歯後はインプラント入れ歯で、歯の機能を回復させます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

新しいむし歯治療「カリソルブ」
ドリルで削らない、痛みも抑えた優しい治療です

カリソルブ治療とは、北欧スウェーデンで開発された、薬剤を使って、体と気持ちの負担が少ない新しい治療方法です。残念ながら保険適用外の治療になります。

カリソルブ治療とは、一般的なこれまでのむし歯治療と異なり、むし歯になってしまった部分をドリルなどの機会で物理的に削り取るものではありません。
特殊な薬液を使って、むし歯になった部分だけを溶かして柔らかくし、丁寧に器具を使って手で取り除いてく治療方法です。

メリットは次のようなものがあります。

  • 一般的なドリルで削らないため、歯を削る量が最小限で済みます。
    柔らかくしたむし歯になったところだけ手でキレイに取り除くだけです
  • 痛みも最小限で、基本的には麻酔をしないで治療できます。
    (個人差がありますので、麻酔を使用する場合もあります)
  • ドリルを使わないため熱を持たず、歯の組織を痛めにくい。
  • カリソルブ自体に抗菌する作用があり、毒性はありません。

新しいむし歯治療「カリソルブ」ドリルで削らない、痛みも抑えた優しい治療です

カリソルブの薬剤を中に入れるために、最小限の穴をドリルを使って開けることがあります。
むし歯の大きさや症状によって治療方法は異なることがあります。 

【カリソルブ治療に必要なキット】

【カリソルブ治療に必要なキット】

【むし歯部分をかき出す特殊な器具】

【むし歯部分をかき出す特殊な器具】

カリソルブ治療が向いている方は

  • 麻酔がとても苦手な方
  • 歯を削るのが苦手、怖いという方
  • できるだけ自分の歯を削らずに残したいという方
  • できるだけ、むし歯の再発を防ぎたいという方

などになります。

デメリットとしては

  • 保険適用外 (自費診療)
  • 手で丁寧に取り除くので時間がかかる
  • 奥まで進行してしまったむし歯には使えない

こみね歯科医院では、できるだけ自分の歯を残すための治療と予防に注力しています。

カリソルブ治療以外にも、マイクロエンド治療という顕微鏡を使った歯の根の精密治療も行っています。
もう、むし歯を繰り返したくない。今回でしっかり全体を治して、あとは予防だけで歯医者を利用したいという方もお気軽に相談下さい。

※カリソルブ治療は保険外診療となります。 1歯11,000円(税込)~

~虫歯治療についての副院長の考え~

~虫歯治療についての副院長の考え~

虫歯は、放置して自然治癒することがありません。進行すればするほど歯はダメージを重ね、治療も難しくなってしまいます。そのため、早期発見・早期治療が重要です。しかし、初期に自覚しにくいのも虫歯の特徴であり、やむを得ず歯を削ったり、神経を抜いたりといった治療が必要になることもあります。

しかし、神経を抜くと歯には栄養がいきわたりにくくなり、歯質がもろくなってしまいます。そこで私は、強い痛みがあるなどやむを得ない場合を除き、できるだけ神経を残す治療をご提案しているのです。

虫歯の治療に恐怖心や治療による痛みを心配している方には、虫歯の進行度合が比較少ないのみに行える治療ですが、カリソルブという薬剤を使用した治療方法があります。
本来、ドリルを使い虫歯のところを削り治療する代わりに、カリソルブを虫歯のところに塗布すると虫歯の所のみにゆっくりと反応し取り除くことができます。このカリソルブは、健康な歯には反応をしませんので安全に治療することができます。また、併用して機能水のよる洗浄、オゾンガスによる殺菌も行います。虫歯の入り口を少しの部分をドリルで虫歯を除去するだけで歯を削る怖さや痛みなどから解放されて虫歯治療を行うことができます。
もちろん、麻酔をして完全に痛みから解放しての処置もできます。

また、虫歯の進行度合が、神経の近くに進行してしまった場合でも状況によっては、神経を残す治療を行えることもあります。こちらでは、麻酔をして痛みから解放してドリルで虫歯を完全に取り除きます。その後、機能水などによる洗浄やオゾンガスによる滅菌を併用してMTAのという薬剤を使用し、神経の保護をします。

どちらの治療もマイクロスコープを極力使用することで虫歯のみの除去を可能にし、また、その虫歯の歯にラバーダムというカバーをかけて、お口の中にいる細菌による再感染をしないように事前の準備を行います。

治療前の事前準備や治療時間が長くかかることもありますので完全予約となります。

また、こちらの治療は、保険適用外の治療となります。

こみね歯科医院では、少しでも自身の歯を長持ちさせるため、口腔内の健康のために、これからも積極的に先端技術を吸収して参りたいと考えています。

「一緒に見える診療」カリーナシステム

歯科診療の際、こんなことを思われたことありませんか?

「一緒に見える診療」カリーナシステム

  • 今どこの歯を治療しているんだろう?
  • 治療してどうなったかが分からない、不安

歯科はお口の中というご自身の目では見えない箇所の診療であり、鏡を見ながらというのも診療に支障をきたすため、終わった後に鏡で確認するぐらいでしか診療結果は分かりませんでした。
また、診療結果だけ見ても、いまいちどのような施術がされたのか患者さんは把握しづらいかと思います。

カリーナシステムとは

カリーナシステムとは

患者さんのそんな疑問や不安を解消すべく、当院では「一緒に見える診療」カリーナシステムを導入しました。

カリーナシステムは、マイクロスコープを
用いて行う診療中の映像をリアルタイムで
診療室のモニターに映すことができ、さら
には映像データとして記録できるシステム
です。

当院では初診時にカリーナシステムによって映し出された歯の状態をお見せしながらご説明をしたり、ご希望の方には録画した映像データをお渡しするなど、見える診療を行うことで患者さんにとってもご理解ご納得いただける歯科医療を目指しています。

カリーナシステムとは

抜歯をするかしないかの確認にも

抜歯をするかしないかの確認にも

ご自身の歯をなるべく抜きたくないという想
いをお持ちの患者さんは多いと思います。
歯科医師から「この歯は抜歯しないといけま
せん」と言われても、患者さんとしては「本
当に抜かないといけないの?」と疑問に思わ
れたりすると思います。
カリーナシステムでご自身の歯を映像で確認することにより、その歯はまだ抜く必要が無いか、抜いた方がいいかの判断が患者さんでも理解しやすくなります。
診療の度に毎回カリーナシステムを用いることはないのですが、ご希望の患者さんには対応させていただきますので、お気軽に当院ドクター、スタッフにご相談ください。

マイクロエンド治療(顕微鏡治療)

「この歯は抜くしかないかもしれません」「むし歯が深く残せない」と言われたことはないでしょうか。歯を抜く治療もケースにはよって有効な治療法であることは間違いありません。一方、技術の進歩とともに、むし歯が進行してしまっても根管治療のやり方によっては、歯の寿命を伸ばすことが可能になって来ました。

根管治療(歯の根の治療)は、経験と精度、患者さん自身の治療への協力によって差が出てきます。こみね歯科医院では、専門研修、講習を経て認定を受けた歯科医師が、専門の設備や器具を使用して、より正確な根管治療を行う体制が整っています。

マイクロエンド治療(顕微鏡治療)

そもそも根管治療とは、「根っこの治療」「神経の治療」とよく言われているもので、歯科の用語では「根管治療」「歯内療法」と言われているものです。
むし歯が大きくなると、細菌が歯の神経(歯髄)に達してしまうことがあり、痛みが伴うことがほとんどです。更に根管にばい菌が入り込んで増殖すると、歯の根の先の顎の骨まで犯してしまい骨を溶かすという症状になります。この穴の中の感染の原因を除去する根の治療が根管治療です。

この根管治療は、難易度が非常に高いものです。
その後の自分の歯を残せるからどうかは、設備、材料、技術、時間に大きく左右されるものです。
こみね歯科医院では、患者さんのご要望として「自分の歯を残したい」という方には、一般的な保険治療の根管治療ではなく、専門のプログラムでマイクロスコープや専用器具や薬剤を用いることにより、精密な根管治療に対応しています。

残念ながら保険適用ではありませんので、費用と時間がかかることがあります。

当院の小峯久直先生は、世界基準のトロント大学歯内治療コースを修了したエキスパートです。

当院の小峯久直先生は、世界基準のトロント大学歯内治療コースを修了したエキスパートです。

  • 賞状の画像1
  • 賞状の画像2
症例1 虫歯の進行度合いが進んで、神経まで近づいているケース

この患者さん悩みは、右の奥から2番目の歯が咬むと痛い、冷たいものや温かいものがしみるというものでした。

治療前のレントゲン写真を見ると、白いのが以前詰めていた金属冠の下で黄色い線で囲んだ場所が虫歯が進行していました。
赤い線で囲んだ場所が歯の神経になります。

治療前のレントゲン写真

麻酔をして痛みからの解放後、まず金属の冠をを取り除き、その下でむし歯なっていた箇所を完全に除去しました。
この歯は、唾液中の細菌からの再感染をふせぐためのラバーダムという処置を施し、マイクロスコープを使用して虫歯の除去を行いました。

オゾンセラピー装置の画像

その際に、神経の一部まで虫歯に感染し露出していることが判明しましたので、特殊な器具を使用し根管治療を進め、オゾンガスで殺菌で処置を進めました。
殺菌効果の高いMTAというお薬で細菌発生・繁殖の原因となる空間を封鎖し、残存している神経を保護しました。(生活歯髄切断法=感染されていない歯髄を温存させる治療法)

オゾンセラピー装置治療後のレントゲン写真をご覧ください。
青い線で囲んだ場所が、MTAで封鎖し、歯髄を温存した場所です。
赤い線で囲んだ場所が、神経になります。
青い線と赤い線で囲まれた所は、神経を一部除去した場所です。

オゾンセラピー装置治療後のレントゲン写真

その後、患者さんの痛みが治まったことを確認し、そこへ新しい詰め物を装着して外見もキレイに修復することができました。
治療時間は約1時間、1日で終了しますので、完全予約制で対応しています。

患者さんからは、「麻酔が効いていたので、治療中は特に痛みは無く、怖い思いはしませんでした。治療後は、2~3日は違和感がありましたが、じきに痛みがなくなり、今は、問題無く咬めています。それまで、いつもボワんと痛みがあり、噛むと更に痛く、これはいつまで続くのだろうという不安も重なり憂鬱でした。とても丁寧に治療して頂いて、自分の歯が残せたことに感謝にしています。」

症例2 虫歯の進行がかなり進んだケース

こちらの患者さんは、「食べた物が詰まる、咬むと痛い、しみる」という症状で来院されました。

治療前のレントゲン写真で確認してみますと、右の奥から2番目の歯は、白く映っているのが以前詰めた金属、その下の薄い白部分が以前詰めたお薬、その下の黄色い線が虫歯になっていることが解ります。
右の一番奥の歯は、黄色い線が虫歯の境界線になっているラインで、一部神経まで達している可能性があることもわかります。
赤い線が歯の神経になり、さらに右に、横に倒れているのが親知らずです。

治療前のレントゲン写真

2本の歯と周辺に麻酔をして痛みから解放をしたのちに、まず奥から2番目は、以前詰めていた金属や薬の下にある虫歯を唾液中の細菌からの再感染をふせぐためのラバーダムという処置を施し、マイクロスコープを使用して虫歯の除去を行いました。

その後、特殊な器具やオゾンガスや機能水(ポイックウオーター)を使用し処置を進め、感染していた神経を除去し、殺菌効果の高いMTAセメントで残存している歯髄を保護しました。
一番右奥の歯は、虫歯の範囲が大きく、除去中にかなりの神経が感染していることが確認できました。そこで、感染した神経を除去し、感染していない神経を保護するためにMTAセメントで封印する処置を行いました。

治療後のレントゲン写真がこちらになります。
青く囲んだ場所が感染していた歯髄を除去しMTAセメントを詰めた箇所です。
赤い線が本来の歯髄のあった場所です。

治療後のレントゲン写真

患者さんからは「痛みはありませんでしたが、違和感が4~5日続きました。今は、すっかり違和感もありません。新しい詰めたものは、問題なく、食べ物の詰まりも無くとても快適です。もっと早く来ていれば良かったと思います。今後は、むし歯にならないよう定期健診を怠らないようにします」とのことでした。

「痛みがないとき」からの通院を~予防の大切さ~

「痛みがないとき」からの通院を~予防の大切さ~

虫歯は、気づかないうちに進行していることが多い病気です。つまり早期発見・早期治療を可能にするには、痛みがないときから定期検診にお越しいただくことが必要です。ごく初期であれば、適切なブラッシングで治癒が可能な場合もあります。当院では、一人ひとりのお口の状態に適したブラッシング指導も行っています。予防のための通院、今から始めましょう。

こみね歯科医院の診療のご予約についてはこちらから

予防歯科についてくわしくはこちらから

トップへ戻る