Implant歯を失ってしまったら~インプラント~

歯を失ってしまったら~インプラント~

歯を失ってしまったときの治療としては、従来では入れ歯やブリッジが多く用いられてきました。近年ではそれに加え、インプラント治療が注目を集めています。

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着して咬む機能を回復させる治療です。インプラントと顎の骨が強固に結合するため、食べ物を選ぶことなく何でも食べられるようになる上に、見た目もとても自然で美しいため、多くの方に選ばれています。

インプラント治療に興味のある方は、千葉市の歯医者「こみね歯科医院」までお気軽にご相談ください。

そのほかの治療との比較

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
  インプラント 入れ歯 ブリッジ
特徴 顎の骨にインプラントを埋め、その上に人工歯を装着して機能を回復させます。 失った歯の本数に合わせて、部分入れ歯・総入れ歯をつくります。 失った歯の両隣にある健康な歯を削って支台にし、連なった人工歯を橋(ブリッジ)のように装着します。
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 天然歯と変わらない咬み心地を得られる
  • まわりの歯に負担をかけない
  • お口に違和感がない
  • 咬む力が伝わり、顎の骨がやせにくい
  • 保険適用のものを選べば費用を抑えられる
  • 治療期間が短い
  • 修理しやすい
  • 保険適用のものを選べば費用を抑えられる
  • 比較的見た目が自然
  • 治療期間が短い
デメリット
  • 費用が高額になる
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 全身疾患の有無などにより適用できないケースがある
  • 見た目に劣る
  • 硬いものが咬みにくい
  • 発音に支障が出ることがある
  • ずれたり外れたりしやすい
  • 装着に違和感がある
  • 咬む力が伝わらず、顎の骨がやせやすい
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 支台にする歯に負担をかける
  • 咬む力が伝わらず、顎の骨がやせやすい

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インプラント治療の流れ

STEP 01初診

STEP 01 初診

まず口腔内を診察し、インプラント治療が可能かどうかの判断を行います。

STEP 02治療プランの立案

STEP 02 治療プランの立案

治療が可能と判断されたら、各種検査を行った上で治療プランを立案します。

STEP 03一次手術

STEP 03 一次手術

麻酔を施した上で歯ぐきを切開し、顎の骨に穴をあけてインプラントを埋め込みます。

STEP 04治癒期間

STEP 04 治癒期間

傷口が治癒し、インプラントと人工歯根が結合するまで期間をおきます。期間には個人差がありますが、一般的には数ヶ月程度となります。

STEP 052次手術

STEP 05 2次手術

インプラントと顎の骨が結合したら、再び歯ぐきを切開し、インプラントの頭部に、上部構造となる人工歯との接続部分、アバットメントを装着します。

STEP 06上部構造(人工歯)の装着

STEP 06 上部構造(人工歯)の装着

アバットメントにセラミック製の人工歯を装着し、治療は完了です。

STEP 07メインテナンス

STEP 07 メインテナンス

インプラントは人工物のため虫歯になることはありませんが、それを支える歯ぐきや顎の骨は自然のままです。メインテナンスを怠ると歯周病と同じ症状を持つ「インプラント周囲炎」を招き、最悪の場合抜け落ちてしまいます。

治療後には毎日の適切なブラッシングに加え、定期検診にきちんと通いましょう。

費用

インプラント治療(上部構造込み)  1本につき 350,000円~

※料金は税別表示となります

~インプラント治療についての副院長の考え~

~インプラント治療についての副院長の考え~

手術をともなうインプラント治療には、抵抗を感じたり不安を覚えたりされる方も少なくありません。そこで当院では、患者様に安心し、納得してインプラント治療を受けていただけるよう、わかりやすく丁寧なご説明に努めています。それが、治療を成功させるためにも大切なことだと考えるからです。

またインプラントは、埋め込んでからのメインテナンスが重要です。きちんとメインテナンスができていれば、かなり長期的な使用も可能ですので、定期検診には欠かさずお越しください。

こみね歯科医院の入れ歯治療についてはこちらから

トップへ戻る